WordPressで使用中のプラグイン達

必要に迫られて自力でOrdinarySoundオフィシャルサイトをWordPressで立ち上げて早4か月目に突入。

初めての自己サイトで右も左もわからずWordPressもほぼ未経験の状態でしたが、何とか立ち上げられたのもXSERVERとLion Media(無料テーマ)それに有益な情報を提供してくださったネットの皆様のお陰だと思っています。

WordPressは素の状態では”こんなことも出来ないの?”と唖然としたものでしたが、ビギナーとしてLion Mediaを使ったのは正解でした。取り敢えずサイト構築しつつ足りない機能をプラグイン追加でカバーしていく形で現在に至っています。

振り返ると使用中のプラグインが22個、WordPress 5(5.0.1)のリリースも鑑みて今は何となく使っているプラグインの理解を深めて厳選しなければならないような状況です。※WordPress 5のアップデートはまだ様子見で4.9.9のままです。

そこで備忘録の目的も含めて使用中のプラグイン(やこれから使うかもしれないプラグイン)の設定メモを書き残せればと思い立ちました。まずは使用中のプラグインの一覧です。(アルファベット順で掲載)

※随時更新

Version
Broken Link Checker1.11.8使う時だけ有効化

作成者: Janis Elsts, Vladimir Prelovac

Category Order and Taxonomy Terms Order1.5.5削除:使い勝手が良くなかったためCustom Taxonomy Orderに変更
Contact Form 75.1.4
Contact Form 7 Conditional Fields1.6.4削除候補
Custom Taxonomy Order2.10.0Category Order and Taxonomy Terms Orderよりも使いやすい
Download Manager2.9.85削除
Easy FancyBox1.8.11削除
Easy Updates Manager8.0.3WordPressを5に上げないために導入
WordPress5に上げたため削除
Enable Media Replace3.3.5メディアライブラリの「メディアの編集」セクションで新しいファイルをアップロードして、メディアファイルの置き換えを有効に
Flamingo1.9
Google XML Sitemaps4.1.0最新バージョン4.1.0は情報がまだ不足しているため保留
Instagram FeedSpotifyコード(ジャケ写付き)のインスタ一覧を表示する目的で使用していたが、Sopotifyコードを投稿のアイキャッチ画像に使い始めたため不要になった。(2019/1/2)
Media Library Assistant2.77多くの画像を使うためカテゴリー管理するために導入。重いのが難点。
No Self Pings1.1.2
Page Builder by SiteOrigin2.9.7削除
サイト全体で多用すると激重になる
Permalink Redirect2.0.5
Plugins Garbage Collector削除したプラグインのテーブルを削除するために使用
Pz-LinkCard2.2.0今まで動作しなかった「かんたん書式設定」がいつの間にやら動作するようになった!?思い当たる節はShortcodes Ultimateを停止した事くらい。
Search Regex1.4.16使う時だけ有効化
Shortcodes Ultimate5.8.0
SiteOrigin Widgets Bundle1.14.0削除
TinyMCE Advanced5.2.1
UpdraftPlus – Backup/Restore1.16.16
WP All Export1.2.2削除サイトを見直す時くらいしか使わないので、通常は停止中、使う時だけ有効に運用方法を変更。
WP-Optimize2.2.9
この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする