オーディオのライトサイド:OrdinarySound

VOX Adio Air:Queen, The Beatlesのサウンドを支えたギターアンプブランドのBluetoothスピーカー

ボヘミアンラプソディがゴールデングローブ賞を受賞しましたね。おめでとうございます。素直に嬉しく思います。

映画はご覧になりました?例の20世紀フォックスのオープニングファンファーレ。「おやっ?何か音が変!」と思いきや「おぉ、ブライアン・メイのギターやん、凝っとるなぁ」と、いきなり期待感を持たせる粋な演出です。※これ弾いてるのブライアン・メイでしょうか?でしょうね。サントラ盤のこの曲のクレジットにアーティスト:Queenとありますから。

目次

VOXとは

VOXロゴ

さて、”VOX”の名前をご存知でしょうか?イギリスのギターアンプでクイーンやビートルズが愛用していてギタリストなら知らない人はいないくらい有名なアンプです。近年はKORGのNutubeを搭載したモデルが好評を博しています。(関連記事:KORG Nu I:次世代真空管プリとしての活用

VX50GTV

Nutube搭載アンプVX50GTV(近日発売予定)

VOXアンプは映画ボヘミアンラプソディにもライブやレコーディングスタジオのシーンで頻繁に登場するので記憶に残っている方もいらっしゃるかと。最後のライブエイドのシーンではステージに何台ものアンプがスタックされています。

Brian May
画像はhttp://www.voxamps.com/Artistsから拝借しました。映画ボヘミアンラプソディとは関係ありません。

そのVOXのユニークなBluetoothスピーカーが、Adioです。

Adio Air GT

本体での操作の他に無償のTone Roomアプリ(Win/Mac/iOS/Android)を使って様々な機能をリモート操作で拡張できます。

Tone Room

真にマルチパーパスなスピーカー

Bluetoothスピーカーとして

VOX
VOX

写真からわかるように卓上にも置けるサイズ(360W×165D×163Hmm)で、Bluetoothスピーカーとしてスマホ等に繋がります。

Tone Room EQ

オーディオ用イコライザー内蔵で4つのセッティングがプリセットされています。また前述のTone Roomアプリを使用してパラメトリック・イコライザーで周波数帯域ごとに細かく調整可能な点も注目です。※EQでは得られない低域をカバーするVOXオリジナル回路“Bassilator(ベーシレーター)”もTone Room上で設定でき、サイズを超えた重厚なサウンドを楽しめます。

コンパクトなギター(ベース)アンプとして

普通のBluetoothスピーカーと違ってVOX Adioは本体上部に多くのノブが付いています。

Adio

このパネルは正にギター(ベース)アンプ。シミュレーション機能でVOXアンプのサウンド以外にも様々なギター(ベース)アンプを選択したりエフェクトを使ったりできます。出力も50Wですから自宅は勿論、ミニライブでも活躍することでしょう。※Adioにはギターアンプを搭載したAdio Air GTとベースアンプを搭載したAdio Air BSからチョイスしていただけます。

Adio Air GTとAdio Air BS

Adio Air GT
Adio Air BS

Tone Roomアプリを使うことでアンプやエフェクトの種類を増やせます。スマホのTone RoomアプリからBluetooth接続でエディットするといった先進的な使い方も!

Tone Room

オーディオインターフェースとして

更にUSBでPC接続してギター(ベース)演奏をPCに録音したり、USBスピーカーとしてPCの音楽を再生したりすることもできます。PCとUSBケーブル一本で高音質なリスニングが楽しめます。

バンドルされるJamVOX IIIアプリ(Win/Mac)での録音・再生は実に使いでがあります。Adio本体のアンプシミュレーター、エフェクトとは別にJamVOX IIIでソフトウェアベースのアンプシミュレーター、エフェクトを使ってみるのもよいでしょう。(以前にこのアプリを使ったことがあるのですが、中でも再生音に対するピッチシフト&テンポチェンジは特筆もののクォリティです。)

Tone Room

音楽は聴くだけでは勿体ない

このようにコンパクトでマルチパーパスなVOX Adio Airは、ギタリスト/ベーシストには欠かせない存在となることでしょう。聴き専の方もギターやベースを始める良いきっかけとなるのではないでしょうか。楽器を弾けるようになると楽しいばかりでなく音楽への理解が一層深まって音楽がもっと好きになります。

さらにアンチエイジングなど、楽器演奏は脳と体に良いとされているようですよ。

ピアニストに限らず、一定期間音楽訓練を受けた人であれば「頭頂連合野」が発達している可能性が高く、感覚情報の処理能力が高いでしょう。また、若い人の脳ほどやわらかく変化しやすいので、早くに訓練をはじめた人ほど発達しているといえます。ただし、スピードは遅くなりますが、年齢を重ねてもその人の脳が持つ「限界」までは発達します。

アンチエイジングの観点では、音楽訓練は加齢による認知機能や注意力の低下に歯止めをかけたり、低下の開始年齢を遅らせたりすることに効果的です。例えば、「誰かと会話した内容を思い出せない」といったときに、その人の「声」を思い浮かべたら内容を思い出した、というようなことはありませんか? 音楽訓練を続けることで、こうした能力の改善が期待できます。
一方、注意力に関しては、楽器のなかでもピアノの訓練がより効果的だといえます。ケガや交通事故の原因となる注意力低下を防ぐには、「一度にたくさんのことに注意を向ける」能力が重要です。ピアノ演奏は、両手指すべての神経を駆使し、協調させなければなりません。さらに、右手でメロディー、左手で伴奏など、多くの音を聞き分けながら演奏するので、「たくさんのことに注意を向ける」ように脳が働く必要があります。

https://www.suntory-kenko.com/contents/enjoy/hosekibako/hsk-trivia17.aspx


目次