TuneBrowser:WASAPIの設定

WASAPIの設定

WASAPI固有の設定(1)

排他/共有モード

Shared Mode/Exclusive Mode(初期値)

WASAPIの動作モードを設定します。Shared Mode(共有モード)かExclusive Mode(排他モード)を指定します。排他モードを指定した場合でも、排他モードの設定ができなければ、自動的に共有モードでの設定を試みます。

バッファモード

Event Mode(初期値)/Push Mode

WASAPIのバッファに関する動作モードを指定します。Push ModeかEvent Modeを指定します。Push Modeは、TuneBrowser側でタイミングを計ってバッファにデータを入れます。Event Modeは、デバイス側のイベントを合図にバッファにデータを入れます。Event Modeでデバイスの動作に支障が出る場合、Push Modeを指定してください。

バッファ時間(ミリ秒)

200(初期値)

WASAPI再生に使用するバッファ時間(バッファの大きさ)をミリ秒単位で設定します。Exclusive ModeでEvent Modeの場合は、WASAPIの仕様によりこの値は適用されず、バッファ時間としてデバイス呼び出し間隔が使用されます。またExclusive ModeでPush Modeの場合は2000ms以下でなければいけません。

デバイス呼出し時間(ミリ秒)

30(初期値)

WASAPI再生の際に、バッファ更新する時間間隔をミリ秒単位で指定します。Exclusive ModeでEvent Modeの場合は、バッファ時間にもこの時間が適用され、またWASAPIの仕様上、500ms未満でなければいけません。100ms以上など大きな値を指定するとスペクトル表示が滑らかに表示されない場合があります。0を指定すると、デバイスから取得した値を基に決定します。

WASAPI固有の設定(2)

NORERSISTフラグを指定する

Yes(初期値)/No

WASAPIデバイスの初期化時に、AUDCLNT_STREAMFLAGS_NOPERSISTを指定するようにします。このフラグを指定すると、ボリュームなどの情報がOSに保存されなくなりますが、効果はデバイスによって異なります。

セッションID

Null固定/TuneBrowser固有値(初期値)/動的生成

WASAPIデバイスの初期化時に適用するセッションIDの方式を指定します。

バッファ境界の調整時の動作

なにもしない/リセット/再生時(初期値)

デバイスからバッファ境界の調整を求められたときの動作を指定します。問題がなければ、変更する必要はありません。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする