Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

TuneBrowser:基本の設定(監視フォルダなど)

TuneBrowserの基本設定項目の1つである管理フォルダー関連の項目について取り上げます。

設定画面左側のツリーの先頭は「基本の設定」で、この中に音楽ファイルの登録に関する設定項目があります。

「音楽ファイルのフォルダ」

いわゆる監視フォルダで自動更新の対象となります。初回起動時にはこのフォルダを指定する画面が表示され、次回以降はこの「音楽ファイルのフォルダ」で編集します。※複数のフォルダを指定可

初回起動時にフォルダ指定のダイアログが表示されます。キャンセルすると次回起動時に再度表示されます。

TuneBrowserがライブラリ管理する対象は、「音楽ファイルのフォルダ」以外にもドラッグ&ドロップなどで追加したフォルダーやファイルも含まれます。

ヒント:
「音楽ファイルのフォルダ」で登録したフォルダを削除すると自動更新の対象からは外されますが、ライブラリーからは外されずツリービューやアルバムビューで表示され続けます。

各ビューにも表示したくない場合は、「データベースの削除」(右クリックメニュー)を使います。

基本の設定

音楽ファイルの登録に関する設定

音楽ファイルのフォルダ自動的に音楽ファイルを抽出するフォルダを指定します。複数のフォルダが指定できます。
除外パターンフォルダ名やファイル名で除外したいパターンがあれば指定します。”;”で区切って複数指定できます。大文字・小文字の区別はありません。正規表現(?や*など)は指定できません。
データベースの自動更新TuneBrowserの表示している楽曲の情報を、フォルダ/ファイルに合わせて自動更新するかどうかを指定します(TuneBrowserの用語でのクローラーを起動するかどうかを指定します。ここを No にすると、「音楽ファイルのフォルダ」の設定は無視されます。
データベースの自動消去ここを Yes に設定すると、(手動/自動問わず)をクロールの際に存在しないファイルのデータベースエントリを自動的に削除します。
ネットワークドライブ(NAS)も監視するデータベースの自動更新を行うときに、ネットワークドライブ(≒NAS)も対象にするかどうかを指定します。一部の Samba サーバでは、これを有効にすると深刻なエラーが発生することがあります。そのため既定では No に設定しています。ご利用のネットワークドライブの特性をよく理解頂いた上で設定してください。

登録に関する詳細設定

起動時はフォルダのチェックのみここを Yes にすると、起動直後に行う簡易チェックではフォルダ単位で登録有無をチェックします。動作が高速です。No にするとファイル対ん位で登録有無をチェックするようになります。
ドライブごと存在しない場合は消去しないこの項目は「データベースの自動消去」が Yes の場合のみ有効です。ここを Yes にすると、対象ファイルのルートディレクトリそのものが存在しない場合は、一時的にドライブがマウントされていないだけと見なして自動消去しません。
隠し項目は登録しない隠しフォルダ/隠しファイルは登録しないようにします。
CUESHEETから参照されているファイルは登録しないここを Yes にすると、外部CUESHEETファイルから参照されている楽曲ファイル本体はデータベースに登録しません。
CUESHEETのエラーは無視するCUESHEETの読み込みで発生したエラーは無視します(登録しません)。
パス名の大文字小文字を確認するここを Yes に設定すると、フォルダ名を指定する画面で、登録済みのデータとフォルダ名の大文字小文字の整合を確認し、ぶれがあれば登録済みデータに合わせるようにします。
WaveファイルのRIFFヘッダのサイズを無視する古いWaveファイルだと、RIFFヘッダのサイズがきちんと記録されていない場合があるようですので、TuneBrowser ではこのサイズを無視しています。No に設定すると、厳密にチェックするようになります。
ファイルのタイムスタンプは最新を使うYesの場合、ファイルのタイムスタンプとして作成日時か更新日時の新しいほうを使用します。Noの場合、更新日時を使用します。
新規登録時にデータの整合性を確認する楽曲ファイルを新規登録するときにデータの破損が発生している場合、ここをYesに設定すると検証機能を有効にします。

ネットワークの設定

TuneBrowserはスマホやタブレットに無償のLinn Kazooアプリをインストールすることでリモート操作が可能になります。

このリモートコントロール機能に関する設定項目は設定ダイアログの「基本の設定 > ネットワークの設定」の「OpenHomeの設定」にあります。

ネットワークの設定

インターネットへのアクセスを有効にするネットワーク(インターネット)へのアクセスに属する設定を行います。
プロキシプロキシサーバを経由して接続する場合、プロキシを設定します。一般家庭では、プロキシサーバーを経由することはありません。その場合は空欄で構いません。プロキシサーバを指定する場合は//xxx.xxx.xxx.xxx:port/のような形式で指定します。

Last.fmへのアクセスの設定

Scrobbbleを有効にする 

OpenHomeの設定

OpenHome対応を有効にするOpenHomeは、UPnPをベースとするネットワークオーディオのプロトコルのひとつです。この情報を使用することで、OpenHome対応のコントローラ(Linn Kazooなど)をTuneBrowserリモコンとして使用できます。
LAN I/F使用するLAN I/Fを選択肢のなかから指定します。この指定を間違えると、機器と通信ができなくなります。
Playlist.SeekIdは再生を開始するOpenHomeの仕様上、Playlist.SeekIdコマンドは曲の切り替えだけを行い、再生を開始するとは書かれていないのですが、Controllerはそのような動作を期待しているようです。ここがYesの場合は、SeekIdを受信するとその曲の再生を開始します。Noにすると曲の切り替えだけを行います。
終了時にUPnP曲をクリーンアップするUPnPだけで管理されている曲をTuneBrowserの終了時にデータベースから削除するようにします。Free Editionの場合は、この項目はつねにNoになります。

インターネット検索の設定

URL(先頭部)URLの先頭部分を確定します。
URL(末尾部)URLの末尾部分を確定します。通常は何も指定しません。
URL内の単語の区切り文字複数の単語を使用する場合の区切り文字を指定します。
アルバム検索のタグアルバム検索で使用するタグを”;”で区切って指定します。
トラック検索のタグトラック検索で使用するタグを”;”で区切って指定します。

HTTPファイルアクセスの設定

接続タイムアウト(ms)接続タイムアウトをミリ秒単位で指定します。
送信タイムアウト(ms)送信タイムアウトをミリ秒単位で指定します。
受信開始タイムアウト(ms)受信開始までのタイムアウトをミリ秒単位で指定します。
受信完了タイムアウト(ms)受信開始後、受信完了までのタイムアウトをミリ秒単位で指定します。
HTTP範囲リクエストを連続して行うNoに設定すると、継続的な範囲リクエストでない場合は、セッションの切断・接続を行うようにします。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
TuneBrowser
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました