音楽はもっといい音で聴けるshop OrdinarySound

Radial SAT-2 アッテネーター/ボリュームコントローラー

logo

正規輸入品

アッテネーター/モニターコントローラ

目次

製品情報

主な特長

  • モニタースピーカーペアをレベルコントロール
  • 過大な信号を減衰させクリッピングを防止
  • 完全なパッシブ回路のため電源は不要
  • 色付けのない透明度の高いサウンド

製品紹介

Radial SAT-2は、過大な信号を減衰し、必要に応じてレベル調整が可能なモニタコントローラです。
SAT-2をオーディオI/Fとパワードスピーカーの間にセットしモニターコントローラとして使用、またレコーダーに送る前の過大な信号を減衰させるアッテネーターとして使用することができます。
ホットなマイクプリからの信号をSAT-2で調整することで、トーンやキャラクターを損なわずに適切なライン信号をレコーダーの入力に送ります。

接続例

モニターコントローラとして使用する
SAT-2をオーディオI/Fとパワードスピーカーの間に接続します。レベルコントロール、DIM、MUTEスイッチを使用します。

マイクプリやコンプからの過大な信号を減衰
SAT-2のトリムコントロールを使用して、レコーダーの入力がオーバーロードまたはクリップさせないようにしつつ、プリアンプのキャラクターをスイートスポットまで保ちます。

エフェクト処理のためにパラレルに信号を送る
マイクプリの出力をSAT-2に接続し、MONOスイッチをオンにします。SAT-2の一方の出力を直接レコーダーに、もう一方の出力をエフェクトを経由してレコーダーの別チャンネルに接続します。DAWで2つのトラックのブレンドを調整することができます。

ブロードキャスト機器に送るミキサーからの出力を減衰
AUX出力をトリミングし、プロダクションオーディオをビデオカメラやフィールドレコーダーに送ります。

マルチルームのPAシステムにレベルコントロールを追加する
PAミキサーのAUX出力と別の部屋にあるパワードスピーカーとの間にSAT-2を入れ、各ゾーンのボリューム調整を可能にします。

技術仕様

  • Audio circuit type: Passive audio signal path
  • Number of channels: 2
  • Frequency response: 20Hz to 20kHz
  • Dynamic range: >141dB
  • Gain: 0dB
  • Total harmonic distortion: >0.0005% @ 0dBu
  • Intermodulation Distortion: >0.001% @ 0dBu
  • Phase Deviation: 0° @ 20Hz, 0° @ 1kHz, +2° @10kHz
  • Input Impedance: 8 kΩ
  • Output Impedance: 1.8 kΩ
  • Common Mode Rejection Ratio: >80dB
  • Noise: -115dBu
  • Maximum Input: >+ 26dBu
  • Mono Sum, Level Control
  • Input Connectors: XLR, 1/4″
  • Output Connectors: XLR
  • Construction: 14-gauge steel chassis and outer shell
  • Size (L x W x D): 5″ x 3.25″ x 2″ (12.7 x 8.3 x 5cm)
  • Weight: 1.5lb (0.68kg)
  • Shipping size (L x W x D): 6.4″ x 4.25″ x 3″ (16.3 x 10.8 x 7.6cm)
  • Shipping weight: 1.8lb (0.8kg)
  • Power: Passive, no power required
  • Conditions: For use in dry locations only between 5°C and 40°C
Block Diagram

ショッピング

Radial | SAT-2

¥20,900

今すぐ購入する

\ 購入その他、気軽にお問い合わせください /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる