USB Phono Plus

¥15,400 (税込)

送料無料代理店直送正規輸入品

クレジットカード銀行振込

can only be delivered within Japan

関連記事:ART:passion for quality

説明

ターンテーブルをパソコンと接続できるUSBオーディオインターフェイス

概要

USB Phono Plus Project Seriesは、ターンテーブルのステレオ・フォノレベル機器や、カセットテープ・プレイヤー等のステレオ・ラインレベル機器を、パソコンとUSBで接続できるオーディオ・インターフェイスです。プロ・レベルのフォノ・プリアンプとライン・アンプを搭載しているので、パソコンのサウンドシステムの音質を格段に向上させます。アナログ・レコードのデジタル化は勿論、DTMでも活用できます。

豊富なデジタル入出力

アナログ入力以外にも、S/PDIFデジタル入力とOPTOデジタル入出力を搭載しています。S/PDIF出力がある機材を繋げば、USBでパソコンに接続できます。OPTO IN TO USB端子で、MDやDATの音を高音質でパソコンに取り込んだり、OPTO OUT FROM USB端子でパソコン内の音をMDやDATに書き出したりできます。

優れた音質でレコーディング

クリップLED、ゲインコントロール、ローカットフィルタ-を装備しているので、最適なゲインコントロールができ、不要な低域のノイズをカットできます。これらにより、優れた音質でレコーディング可能です。

USBで動作

USB Phono PlusはUSB標準ドライバー(USB1.2)で動作するので、特にドライバーをインストールする必要もなく、設定も簡単です

特長

  • デスクトップ/ノート・パソコンにUSBで接続
  • RIAA準拠のローノイズ・フォノ・プリアンプ
  • 45dB以上のクリーンゲイン
  • レイテンシー無しでモニター
  • S/PDIFまたはオプチカルからUSB、USBからオプチカル・インターフェイス
  • USB標準ドライバーで動作するので設定が簡単
  • プリアンプ・ラインアウトはフォノ・プリアンプ単体でも使用可
  • 録音ソフト付属(Audacity Recording Software)
  • コンパクトで積み重ねられるアルミ製ケース
  • USB又は外部電源アダプター(別売)で動作

スペック

  • 周波数特性:10 Hz〜50 kHz, +/- 0.5%
  • THD:<0.01% typical @ 1 kHz
  • ノイズ: >90 dB below clipping
  • 入力インピーダンス:47k Ω/100pf (phono)、270k Ω (line)
  • 最大入力レベル:
    40 mV rms @ 1 kHz (phono)、
    +19dBu (line)
  • 最大ゲイン:45dB @ 1 kHz (phono)、6dB (line)
  • アナログ入力接続:RCA (preamp / phono/line input)
  • アナログ出力接続:
    RCA (preamp line output)、
    1/8” (monitor/headphone output)
  • 最大出力レベル:+6dBu (1.4V rms)
  • フィルター・タイプ/特性:切替、high pass (low cut) –3dB @ 22 Hz
  • A/D-D/A:16 bit, 44.1 kHz or 48 kHz, USB selectable from computer 0.4 ms A/D latency @ 44.1 kHz
  • デジタルオーディオ・インターフェイス:
    TOSLINK Opto In to USB、
    TOSLINK Opto Out from USB、
    S/PDIF coax (RCA) In to USB
  • コンピューターインターフェイス: USB 2.0
  • ケース:アルミブラックアノダイズ、両端はラバー
  • 電源:USBバスパワー or 7-12V DC or 9-12V AC @ 150mA(電源アダプター:別売り)
  • 寸法:47×117×114mm
  • 重量:0.61 kg

Note: 0 dBu = 0.775Vrm

USB Phono Plus

USB Phono Plus

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする