Nu I

¥467,500 (税込)

説明

1BIT USB-DAC / ADC + PREAMP

誰も届かなかった、DSDの未踏の領域へ。

DSDを手軽に聴く。DSDでパソコンに録音する。DS-DACシリーズで実現してきた新しいDSDの楽しみ方は、このNu Iによって全く別の次元へと進化します。

DSD11.2MHz録音、MCカートリッジ対応のフォノ・アンプ、バランス入力などレコーディングに関する新機能 / 装備の搭載に加え、バランス・ヘッドホン出力端子、トロイダル・トランス電源の採用など、リスニングにも最大限に配慮。そしてNu I最大の特徴は、これまで頑なに「原音の再現」にこだわってきたコルグが、オーディオ・カテゴリー製品で初めて「コルグだけが出せる音」に挑戦したことです。

コルグとノリタケ伊勢電子(株)が共同開発した新世代真空管「Nutube」による温かみのあるサウンド、オノ セイゲン氏がプロデュースしたDSDで遊べる「S.O.N.I.C.リマスタリング・テクノロジー」を搭載したオーディオ・ドライバー、これに加えてNu Iを最大4台まで同期しての8チャンネル・マルチDSD録音など、独自技術を惜しみなく投入し、DSDで聴くこと、録ることの楽しさを追求しました。

このUSB DAC / ADCだけが実現できる、DSDの新たな世界。コルグNu I。


  • DSD11.2MHz録音 / 再生に対応。
  • レコード・プレーヤーを直接接続、MM/MCカートリッジ対応のフォノ・アンプ搭載。
  • 掛け録り/後掛けが選択でき、種類も選べるDSDフォノ・イコライザー(※)。
    ※付属ソフトAudioGateによる。
  • PCなしのスタンド・アロン駆動が可能なアナログRIAA回路搭載プリアンプ。
  • 高音質を実現するフル・ディファレンシャル回路。
  • アナログ音質を重視したトロイダル・トランス電源を採用。
  • 新世代の直熱双三極管KORG Nutube搭載。
  • DSDリアルタイム変換用オーディオ・ドライバー「S.O.N.I.C.リマスタリング・テクノロジー」搭載。
  • 最大4台による8トラック・マルチDSD録音を実現。
  • ハイレゾ・ストリーミング・サービス「PrimeSeat」の11.2MHz配信に対応。

特集

KORGの新製品 Nu I は、レコードをはじめとするアナログブームにおいて注目の高音質オーディオインターフェイス(DAC、ADC、プリアンプ)です。 注目点1:DSD11.2MHzで録音 注目点2:録音したDSDファイルを分割可能 注目点3:MM/MC対応フォノアンプ内蔵 注目点4:フォノイコライザーをバイパスして録音可能
この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする