ISO Stands

商品の質問・価格・購入について以下の方法でお気軽にお問い合わせください

  • メール(お問い合わせフォーム)
  • facebookメッセージ(準備中)

説明

スピーカーのサイズに合わせた3つのラインナップ

IsoAcoustics ISO-130

ISO-130(ペアセット)
本体価格: 9,250円(税込み: 9,990円)
UPC: 810514000386

寸法: 130W x 152D x 71H(mm),ロングパイプ使用時 210H(mm)
最大傾斜角: 6.5°
重量制限: 9kg

IsoAcoustics ISO-155

ISO-155(ペアセット)
本体価格: 11,000円(税込み: 11,880円)
UPC: 810514000409

寸法: 155W x 190D x 76H(mm),ロングパイプ使用時 210H(mm)
最大傾斜角: 6.5°
重量制限: 18kg,ロングパイプ使用時 16kg

IsoAcoustics ISO-200

ISO-200(ペアセット)
本体価格: 16,500円(税込み: 17,820円)
UPC: 810514000423

寸法: 200W x 255D x 125H(mm),ロングパイプ使用時 215H(mm)
最大傾斜角: 6.5°
重量制限: 34kg,ロングパイプ使用時 27kg

同梱しているものとセットアップ(ISO-130, ISO-155, ISO-200)

IsoAcoustics ISOスピーカースタンドには、高さを決めるための2種類の長さのパイプが各4本と傾斜角度を調整するための2種類の高さのインサートパーツが各2つ用意されています。お持ちのスピーカーとリスニングポジションに応じて、これらのパーツを使用して組み立てを行います。
インサートパーツを使用して微妙な傾斜角の調整および2パターンの高さにセットすることができます。

ISOスタンドを使用するメリット

  • 高さを調整
  • 角度を調整
  • 接地面からのアイソレート
  • 作業スペースの確保

ショートパイプで組み立て

ショートパイプで組み立てたときのスタンド高さは、ISO-130で約71mm、ISO-155で約76mm、ISO-200で約95mとなります。またインサートパーツを使って、最適なリスニングアングルに傾けることができます。

ロングパイプで組み立て

ロングパイプで組み立てたときのスタンド高さは、ISO-130で約210mm、ISO-155で約210mm、ISO-200で約215mmとなります。またインサートパーツを使って、最適なリスニングアングルに傾けることができます。

ISO-430(1本)

本体価格: 10,000円 (税込み: 10,800円)
UPC: 810514000461

ヨコ置きモニタースピーカー、ベースアンプ用

ISOシリーズ中で最大サイズのISO-430は、横430mm、奥行き230mm、高さ90mmと横長の形状をしており、Focal SM9、Adam A77Xなどに対応するスタンドです。耐荷重は45kgとなっており、モニタースピーカーのみならず、ギター/ベースアンプに使用することで余分な振動ノイズを軽減し、より明瞭なモニタリングが可能となります。同梱しているものは、上下のアイソレータパーツ(x1)、チューブ(x6)、インサートパーツが2サイズ3つずつ入っています。必要に応じてインサートパーツを挟むことで、微妙な傾斜角の調整が可能となります。

横置きのモニタースピーカーだけでなく、ギターアンプ、ベースアンプに使用することで、余分な振動ノイズを軽減することができます。

ISO-200sub (1本)

本体価格: 7,000円 (税込み: 7,560円)
UPC: 810514000447

サブウーファー向けのシンプルなパッケージ

ISO-200subは、ISO-200スタンドを1台のサブウーファーで使用される方のために、ロングチューブ、インサートパーツを除き、上下のアイソレータパーツ(x1)、ショートチューブ(x4)のみで構成された製品です。

サブウーファー用に用意されたシンプルなパッケージです。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする