iD14

¥38,500 (税込)

送料無料正規輸入品

クレカネットショップ

can only be delivered within Japan

関連記事:audient iD シリーズはクリエイターにもリスナーにもおすすめのオーディオインターフェイス

商品コード: 5060374260146 商品カテゴリー: , ,

説明

Audient iD14 – Get Creative

クラス最高峰のAD/DA インターフェース&モニタリング・システム

AD/DAインターフェース&モニタリング・システム

iD14は、Audient コンソールの音を、コンパクトでエレガントな『Small Box』の中に納めました。ワールドクラスのAudientマイク・プリアンプを2機、高音質のBurr Brown AD/DAコンバーター、先進のモニターコントロール機能、JFET D.I、さらに革新的なScroll Control、これら全てを備えているのです。iD14は、素晴らしい機能性と直感的なユーザー・インターフェースで、即座に貴方のスタジオのセンターハブとして活躍してくれることでしょう。

  • AD/DA コンバーター:2in 4out 高性能 Burr BrownAD/DA コンバーターを採用。
    高音質 24-bit / 96kHz AD / DA コンバーター
  • 入力: Audient コンソールと同じClass-Aマイク・プリアンプ 2 機搭載。
  • 1ch のディスクリート JFET D.I 入力 1 系統(ディスクリート JFET 楽器入力)
  • ヘッドフォンアンプ:独立 DAC 採用の高出力アンプ
  • モニターコントロール機能(ソフトウェアベース)
  • iD ScrollControll Mode(iD スクロールコントロール・モード)
  • 拡張用 ADAT 入力
  • USB2.0 対応
  • ロー・レイテンシー DSP ミキサー

製品名 iD14
概要 オーディオ・インターフェース
価格 オープンプライス
参考価格帯 ¥40,000 前後(税別)
JAN 5060374260146

主な機能と特徴

気鋭のコンバーター・テクノロジー

iD22と同様、BurrBrownAD/DA コンバーターを採用し、最大24-bit/96kHzで音声処理が行われています。明確なディテールとシャープなステレオイメージ、素晴らしいサウンドをお届けできるオーディオ・インターフェースです。

Audientコンソール直系のClass-A マイク・プリアンプ

iD14 の両アナログ入力には、Audient コンソール直系のマイク・プリンプが搭載されています。 ディスクリートクラス A 回路を採用し、低ノイズで極めて歪みの少ないサウンドを生み出します。音質は、スピード感に溢れ、オープンで正確なディティールを再現できるのが特徴です。入力端子にはマイク/ライン どちらにも対応できるように、Neutrik 製の XLR/TRS コンボ・ ジャックを採用しました。 ライン信号もパッドされて (信号レベル を下げて) マイク・プリアンプ回路を経由しています。この設計によって、広いレンジの入力信号をオーバーロードすることなく、 アナログ入力することが可能になりました。

注意:
ファンタム電源を使用する際は、必ず付属の12VDC 電源アダプターを使用してください。

D.I入力

「D.I」入力端子は、JFETを使用したクラス A /ディスクリート・ デザインの楽器用入力です。 この TS( アンバランス−チップ、スリーブ ) ジャックに接続すると、チャンネル 2 が楽器入力になります。この入力は、マイク / ライン入力よりも優先され出力されます。位相反転スイッチはマイクを併用する時に、10dB ブーストは信号レベルが小さい時に使用します。

コンソールスタイルのモニター・コントロール

iD14 は、Audient の大型コンソールと同等のモニタリング・コントロール機能を搭載しています。各モニターの音量は、iD14 本体のカスタムアルミ製エンコーダーと、エンコーダーボタンで操作します。これにより、ヘッドフォン出力とスピーカー出力の音量バランスを個別に調整し、マッチングさせることも iD14 のみで行うことができます。

ヘッドフォン出力

全面に設けられたヘッドフォン出力端子は、接続するヘッドフォンのインピーダンスの影響を受けにくい、ディスクリート高電流型ヘッドフォンアンプを搭載しています。ヘッドフォン出力用の独立DACを設け、非常に高い音質を確保しています。iD14 本体には、エンジニアのリファレンスやレコーディングするミュージシャンのモニター以外にも、Y 字ケーブルを使用してスピーカー接続用に使用することも可能です。

柔軟なモニターコントロール セクション

iD14 は Audient の大型コンソールと同等のモニタリング・コントロール機能を搭載しています。各モニターの音量は、iD14本体のカスタムアルミ製エンコーダーと、エンコーダーボタンで操作できます。これにより、ヘッドフォン出力とスピーカー出力の音量バランスを個別に調整し、マッチングさせることも、 iD14 のみで行うことができます。 レコーディングに重要な機能として、コンデンサーマイク用ファンタム電源、ソフトウェア上での+10dBのシグナルブースト、位相反転が可能です。3つのエンコーダーボタンが、エンコーダーのモード選択用に用意されています。選択されたボタンが点灯します。

iD Scroll Controlモード

iD ボタンには iD14 の特筆すべき機能の一つ、『Scroll Control モード』がアサインできます。エンコーダーにスクロール・ホイール機能をアサインして、DAW のオートメーション等、様々な機能へのアクセスが可能になります。(動作、反応速度は各ソフトウェアメーカーのスクロール・ホイールへの対応状況により異なります。)また、ファンクション(トークバックや位相反転等のアサインボタンとしても利用できます。

シンプルなミキサー・ソフトウェア

iD14内のルーティング、ミックス、スイッチのアサイン等は、全て付属のソフトウェアから操作できます。本当に必要な機能だけを抽出し、簡単で素早く操作できるようデザインしました。大型のコンソールと同様の方法でチャンネル名を付けることも可能です。 一目して状況が把握でき、快適な音楽製作を楽しめます。

スペック

コンピューター接続方式:USB
入出力:2入力/4出力(ヘッドフォン含む)
入力:XLR/TRSコンボ(マイク/ライン) ×2
TS(楽器入力) ×1
プリアンプ数:2
+48V ファンタム電源:有
出力:×4 (メイン ×2 / ヘッドフォン ×1(2ch))
出力端子:TRS
AD/DA:24-bit/96kHz
デジタル入力:最大8(ADAT 44.1Hz使用時) / 2(SPDIF使用時)
MIDI入出力:不可
クロック入出力:不可
バスパワー駆動:可(ファンタム電源不使用時)
電源:付属アダプター(12VDC センタープラス)
ラックマウント:不可

マイク・プリアンプ(ADCシグナルパスにて測定)

マイク・ゲイン:0 〜 +60 dB (10 dBソフトウェアブースト含む)
ライン・ゲイン:-10 〜 +56 dB (-10dB Pad)
ファンタム電源:48v ±4v @ 10mA(12VDCアダプター仕様時)
マイク EIN(等価入力雑音):<-127dBu
CMRR(同相信号除去比):>80dB @ 1kHz
最大入力レベル:+12dBu (0 dBFS digital maximum)
入力インピーダンス(Mic):2.8kΩ バランス
入力インピーダンス(Line):>8kΩバランス
周波数特性:±0.1 dB 20Hz 〜 22kHz @ 最小ゲイン
±0.1 dB 20Hz 〜 22kHz @ 最小ゲイン
クロストーク:<-90dBu
THD+N @ 0dBu(1kHz):0.0025% (-92 dBu)
SN比:96dB (負荷なし), 99 dB (A特性負荷)
XLR:ピン2(ホット)、ピン3(コールド) 、ピン1(シールド)
1/4” ジャック:チップ(ホット)、リング(コールド)、スリーブ(シールド)

D.I (チャンネル1)

D.I ゲイン:0 〜 +66 dB (10 dBソフトウェアブースト含む)
最大入力レベル:+9 dBu (0.6% THD)
入力インピーダンス:>500kΩ アンバランス
周波数特性:+/-0.5dB 10Hz to 50kHz
THD+N @ 0dBu(1kHz):<0.04%
SN比:96dB
1/4” ジャック:チップ(ホット)、リング(コールド)、スリーブ(シールド)

ADC ライン入力(マイクプリアンプスルー状態にてAES-17に基づき測定)

最大入力レベル:+12 dBu (0 dBFS digital maximum)
デジタル・リファレンスレベル:+12 dBu = 0 dBFS
入力インピーダンス:>10kΩ バランス
周波数特性:±0.1 dB 10Hz 〜 Fs/2 (flat to nyquist)
クロストーク:-100 dBu @ 1kHz & 10kHz
THD+N @ -1dBFS (1kHz):<0.002% (-94dB)
THD+N @ -6dBFS (1kHz):<0.0015% (-96.5 dB)
ダイナミックレンジ: 113dB(負荷なし)、116dB(A特性負荷)

DAC 出力(1~2/AES-17に基づきライン出力にて測定)

最大出力レベル:+12dBu
デジタル・リファレンスレベル:+12 dBu = 0 dBFS
出力インピーダンス:<100Ω
周波数特性:10Hz〜Fs/2(±0.1dB)
クロストーク:-105dBu @ 1kHz & 10kHz
THD+N @ -1dBFS (1kHz):<0.003% (-90.5 dB)
ダイナミックレンジ:110dB(負荷なし)、114dB(A-weighted)
1/4” ジャック:チップ(ホット)、リング(コールド)、スリーブ(シールド)

HEADPHONE 出力(5&6/AES-17に基づきオプティカル入力にて測定)

最大出力レベル:+12dBu
デジタル・リファレンスレベル:0dBFS = +12dBu
出力インピーダンス:<30Ω アンバランス
周波数特性:+/1.0dB 10Hz to Fs/2
クロストーク:-110dBu @ 1kHz & 10kHz
THD+N @ -1dBFS (1kHz):<0.002% (-94dB)
ダイナミックレンジ:108dB(負荷なし)、111dB(A特性負荷)
1/4” TRSジャック:チップ(ホット)、リング (コールド) 、スリーブ (シールド)

DIGITAL 入力

ADAT 8 チャンネル使用可能:44.1 ~ 48kHz時
ADAT 4 チャンネス使用可能:88.2 ~ 96kHZ時
STEREO S/PDIF(オプティカル):44.1 – 96kHz
USB2.0 HIGH SPEED
入力チャンネル数:10(アナログ ×2、デジタル ×8)
出力チャンネル数:4(アナログ ×4)

iD DSP Mixer 通過時のレイテンシー

44.1 kHz = 1.660ms
48.0 kHz = 1.531ms
88.2 kHz = 0.844ms
96.0 kHz = 0.771ms

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする