AK T9iE

coming soon !

TESLAテクノロジーのポテンシャルをさらに引き出す
「AK T8iE」のアップデートモデル

『AK T9iE』は、「AK T8iE MkII」のアップデートモデルとなるインイヤーモニターです。新たに搭載した新開発アコースティックベントポートがレスポンスに優れた低域再生を可能にし、特別設計のアコースティックフィルターが、導管に汗や異物が入り込むことを抑制すると共に、高域特性の最適化によるスムーズな高域再生を実現します。

7N OCC銅線に4N純銀をコーティングしたハイブリット構造のケーブルは、電気抵抗率を低く抑え、純度の高い伝送を実現。beyerdynamic独自の「TESLAテクノロジー」のポテンシャルを全て引き出します。

説明

強力な磁束密度を実現するテスラテクノロジー

beyerdynamic独自の「TESLAテクノロジー」をイヤホン用に小型化。リングマグネット内に生ずる高い磁束密度が、ドライバーユニットに高効率と高い再現力をもたらし、正確でニュートラルなサウンドを実現します。さらに、イヤホン用に最適化を果たしたボイスコイルが、大音量時での的確な駆動と更なる低歪化を可能にします。

7N OCC銅線に4N純銀をコーティングしたハイブリッドケーブル

イヤホンケーブルは、高純度無酸素銅の7N OCC銅線に、4N純銀をコーティングしたハイブリット構造を採用。テスラテクノロジーのポテンシャルを一切損ねることのない、高純度伝送によるワイドレンジ再生を実現します。プラグはAstell&Kernプレーヤーのバランス出力に対応する2.5mm/4極タイプを搭載。(3.5mm/3極 変換ケーブル付属)。

新開発アコースティックベントポート

新たにハウジングに設けられた新開発のアコースティックベントポートにより、レスポンスに優れた低域再生を可能にします。

特別設計アコースティックフィルター

特別設計のアコースティックフィルターを搭載。導管に汗や異物が入り込むことを抑制すると共に、特に高域特性の最適化により、スムーズな高域再生を実現します。

独自形状のイヤチップ

世界中の人々の外耳道を計測し、スムーズにフィットする様に最適化した独自デザインのシリコンイヤチップが付属します。

beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)とは

beyerdynamicは、オイゲン・ベイヤーにより1924年にドイツ・ベルリンにて設立された、ヘッドホンやマイクロホンを中心に開発製造を行うオーディオメーカーです。1937年に世界で初めてダイナミック型ステレオヘッドホンを製造発売したメーカーとしても歴史にその名を刻んでいます。そして現在においてもその高い技術力と、長い歴史に裏付けられた高い信頼性により、サウンドテクノロジーマーケットを牽引するトップメーカーして高い評価を得ています。

主な仕様

品名 AK T9iE
ユニット ダイナミック型
形式 密閉型
周波数特性 8 – 48,000Hz (TBD)
インピーダンス 16Ω
許容入力 10mW
THD 0.2%未満
ケーブル 着脱式(MMCX)、2.5mm/4極バランス用プラグ (3.5mm/3極 変換ケーブル付属)

*開発中の製品につき、発売時に外観や仕様が変更になる場合があります。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする