Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

PC ネットワーク アイテム

PC

Intel

MINISFORUM

ストレージ

Western Digital

WD Blue SN550 NVMe SSD
WD Blue SN550 NVMe SSD

HUB

QNAP

NAS

ASUSTOR

ASUSTORについて
ASUSTOR Inc.は2011年に Asustek Computer Inc. の出資により設立されました。ASUSTORの名前はこの ”ASUS”と”Storage”の組み合わせに由来します。ASUSTORはプライベートクラウドストレージ(Network Attached Storage)とビデオ監視(Network video recorder)ソリューションの先進企業であり、関連するファームウェア、ハードウェア及びアプリケーションの開発と融合に注力しています。当社は比類のないユーザー体験と考えられる完璧な一連のストレージソリューションを全世界に提供すべく努力しています。

Audinate|Dante AVIOアダプター

Audinate社製 Dante AVIOアダプターは、お気に入りのレガシーオーディオ機器を活用し、Dante接続システムと合わせて、ネットワークならではの相互運用性、パフォーマンスとスケーラビリティを実現します。コスト効率に優れ、コンパクトで、持ち運びにも便利なDante AVIOアダプターは、オーディオのプロに求められる最新の接続性を提供します。

AVIOアナログアウト1chアダプター

AVIO

DANTEまたはAES67をアナログ1chに変換するアダプターです。

注 電源にPoEクラス 1 802.3af を使用しますので、PoEスイッチまたはインジェクターが必要です。

AVIOアナログアウト2chアダプター

AVIO

DANTEまたはAES67をアナログ2chに変換するアダプターです。

注 電源にPoEクラス 1 802.3af を使用しますので、PoEスイッチまたはインジェクターが必要です。

AVIOアナログイン1chアダプター

AVIO

アナログ1chをDANTEまたはAES67に変換するアダプターです。

*注 電源にPoEクラス 1 802.3af を使用しますので、PoEスイッチまたはインジェクターが必要です。

AVIOアナログイン2chアダプター

AVIO

アナログ2chをDANTEまたはAES67に変換するアダプターです。

注 電源にPoEクラス 1 802.3af を使用しますので、PoEスイッチまたはインジェクターが必要です。

AVIO USB 2x2chアダプター

AVIO

パソコンのUSBオーディオをDANTEまたはAES67、DANTEまたはAES67をパソコンのUSBオーディオに変換するアダプターです。

DANTEまたはAES67をアナログ2chに変換するアダプターです。

注 電源にPoEクラス 1 802.3af またはUSB給電でもご使用頂けます。

AVIO AES/EBU 2x2chアダプター

AVIO

DANTEまたはAES67をAES3(2ch)、AES3(2ch)をDANTEまたはAES67に変換するアダプターです。

サンプリングレートコンバータ(SRC)搭載。

注 電源にPoEクラス 1 802.3af を使用しますので、PoEスイッチまたはインジェクターが必要です。

SONORE

Sonoreは、「ハイレゾ・ミュージックをどう再生するか?」というシンプルな疑問とともに設立されました。ハイレゾ・ミュージックを再生するのは簡単なことですが、それを良い音で再生するというのは簡単ではありません。複雑な再生ソフトを搭載した市販の大型コンピューター・ハードウェアが流行している時に、私たちはもっと小さくてシンプルなものを作りたいと思いました。そのような大型コンピューター・ハードウェアの1と0のデジタル・システムは電源の品質などには気を配っていないと考えた時に、私たちはシステムをもっとクリーンにしたいと思ったのです。コンピューター・オーディオではコンピューター用の部品を使用することになりがちですが、私たちはオーディオ志向にインスピレーションを得た設計を選びました。オーディオ産業が市販のコンピューターを使ったオーディオに満足しているように見えたとき、私たちは、いったんひとつずつ製品を変えていこうと考えました。音楽から再びインスピレーションを得る時が来たのです。

PCオーディオ黎明期からオーディオ用PCなど製作していたSonoreがオーディオクオリティかつ極限までシンプル化したデジタル製品でPCオーディオ、ネットワークオーディオの時代を新たなものにします。

ultraRendu

あらゆるDACを最先端のネットワークオーディオプレイヤーに

SONOREのultraRenduのプロジェクトは、それよりも前に開発されたmicroRendu(国内未発売)のプロジェクトを拡張したものです。設計はオーディオ機器からインスピレーションを得ており、マイクロコンピューターに優美さと単純性をもたらすことを意図しています。オリジナルのmicroRenduは非常に小さく、他の機器の陰に隠れて見えなくなるように考えられていました。ultraRenduはそれよりも大きな筐体に収納されています。

ultraRenduは、RJ45イーサネット入力端子とUSBオーディオ出力端子を装備し、すべての端子をユニットの背面に配置して、配線の取り回しが容易になっています。ultraRenduは、新しい専用のプリント基板を使用していますが、それには、「ultra」という名称にふさわしい基幹部品と、数多くのアップデートが盛り込まれています。ultraRenduをUSB機器に接続する最良の方法は、お気に入りのUSBケーブルを使うことです。ultraRenduは設定が簡単で、様々なソースからのストリームを受けつけます。Sonoreオリジナルのオペレーティング・システム「Sonicorbiter」の最新バージョンが搭載されています。

ultraRenduは6Vから9VのDC電源に対応しており、日本国内流通品にはローノイズACアダプターであるiFi audio iPower 9Vが付属いたします。

選択可能なネットワークプロトコル

ultraRenduはWeb-GUIによって対応するネットワークプロトコルを簡単に切り替えることができます。現在対応しているプロトコルは以下の通りです。

Mode #1 - SqueezeLite出力 - この出力はLogitech Media Server及び互換性のあるコントローラーならどれでも動作します。PCM、DSD/DoP、ネイティヴDSDのトゥルー・ギャップレス再生をサポートしています。
Mode #2 - ShairPort出力 - これはAirPlayのエミュレーターで、互換性のあるソースからAirPlayに送られるストリームを利用します。PCMのトゥルー・ギャップレス再生をサポートしています。
Mode #3 - MPD/DLNA出力
Mode #3a - DLNA出力 - この出力はUPnP/DLNAサーバーとコントローラーからのストリームを利用します。出力はOpneHomeレンダラーとして扱うことができます。PCM、 DSD/DoP、ネイティヴDSDのトゥルー・ギャップレス再生をサポートします。
Mode #3b - MPD出力 - この出力はSMBマウントとともに動作するように設計されています。PCM、DSD/DoP、ネイティヴDSDのトゥルー・ギャップレス再生をサポートします。
Mode #4 - HQ Player NAA出力 - この出力はコンピュターで稼働しているSignalystのHQ Playerからのストリームを利用します。デジタル信号処理はHQ Playerが行い、その後にアシンクロナスでネットワーク・オーディオ・アダプター(NAA)出力にストリームされます。PCM、DSD/DoP、ネイティヴDSDのトゥルー・ギャプレス再生をサポートします
Mode #5 - RoonReady出力 - この出力はRoonからのストリームを利用します。PCM、DSD/DoP、ネイティヴDSDのトゥルー・ギャップレス再生をサポートします。
Mode #6 - Spotify Connect出力 - この出力は、Spotifyのソフトが稼働しているコンピューターやタブレットでコントロールすることができます。このソフトは、Spotify用のオープン・ソース・クライアント・ライブラリーであるliberspotを基盤にしています。このソフトはベータ仕様であり、正式安定版は後日提供予定です。

接続例 – DLNA/OpenHome、Roon使用時

オーディオグレードをベースにしたハードウェア構成とソフトウェア仕様

ハードウェア
6つの高品質超低ノイズのレギュレーター
単一周波数超低ジッターFemtoクロック
DDR3 RAMを装備したマルチコア・プロセッサー

ソフトウェア
対応PCMフォーマット:44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz、176.4kHz、192kHz、352.8kHz、384kHz、705.6kHz、768kHz/16bit, 24bit, 32bit(接続するUSB-DACが対応する場合)
対応DSDフォーマット:DSD64、DSD128、DSD256、DSD512(接続するUSB-DACが対応する場合)
DSD/PCM切り替え時にソフトウェア起因のポップノイズが発生しません
Roon Ready対応 – Roon公式認証済
Audirvana Plus対応 – DLNAモード時にはAudirvana Plusが専用モードとなります
必要に応じてソフトをインスールしたりアンインストールしたりすることができるソフトウェア・マネージャー
TidalとQobuzのロスレス・ストリーミングをOpenHome出力モードでサポートします。
Native DSD出力対応 – Native DSD対応のUSB-DACにおいて、DSDをDoPだけではなく、ネイティブ再生が可能です
Sonicorbiter、クローズト・ソース、オープン・ソース(GPLv2)をベースにしています

製品の仕様

OS:Sonore Sonicorbiter OS
入力:ギガビットイーサネット RJ45端子
出力:USB Audio Class 2.0準拠USB A端子
対応フォーマット:PCM44.1kHz ~ 768kHz, DSD64 ~ DSD512(Native , DoP)
対応ネットワークプロトコル:Roon RAAT, DLNA/OpenHome, MPD etc.
電源電圧:DC6V ~ 9V – iFi audio iPower 9V付属
大きさ(足含まず):11cm(w) x 3cm(h) x 11.2cm(d)
重さ(実測値):248.5g

ご購入その他お気軽にお問い合わせください

ultraDigital

SONOREのultraDigitalのプロジェクトは、BNC経由のS/PDIF出力とHDMI経由のI2S出力を装備した、USB-DDCです。I2S出力は、様々なフォーマットをサポートし、様々なDACとの互換性を確保しています。USB Audio Class 2.0規格に準拠しているため、SONORE Sonicorbiterのほか、標準ドライバー搭載のMac OS, Windows 10でも動作します。

SONORE RenduシリーズはUSB Audio Class 2.0準拠のUSB-DACにのみ対応していますが、独自のUSB規格やUSB入力を持たないDACであってもultraDigitalを用いることで、S/PDIF, I2S(HDMI)経由でネットワークオーディオプレイヤー化することができるのです。

ultraDigitalは6Vから9VのDC電源に対応しており、日本国内流通品にはローノイズACアダプターであるiFi audio iPower 9Vが付属します。

オーディオグレードをベースにしたハードウェア構成

ハードウェア
高品質超低ノイズのレギュレーター
超低ジッターFemtoクロック
ガルバニック絶縁

接続仕様
BNC経由でのS/PDIF出力:PCM 441.kHz-192kHz、DSD64(DoP経由)
HDMI経由でのI2S出力:PCM 44.1kHz-384kHz、DSD64、DSD128、DSD256
USB入力はPCM、DSD(DoP経由)、Native DSD(Sonicorbiter使用時)に対応
HDMI経由のI2S出力は内部DIPスイッチの切り替えで様々な出力フォーマットが選択可能
例:Gustard, PS Audio, Holo Audio, L.K.S., Wyred4Sound, Mola Mola

マスター・クロック出力レートが選択可能(主に自作用途に有効)
I2S(HDMI)出力のメーカー別DIPスイッチ設定例

製品の仕様

入力:USB Audio Class 2.0準拠USB B端子
出力:S/PDIF(BNC), I2S(HDMI)
対応フォーマット:
PCM44.1kHz ~ 192kHz(S/PDIF)
PCM44.1kHz ~ 384kHz(I2S)
DSD64 ~ DSD256(I2S)(Native、 DoP)
I2S出力:PS Audio規格対応(内部スイッチにより変更可能)
対応OS:Windows 10 1709以降、Mac OS 10.6.8以降、SONORE Sonicorbiter OS
※OS標準ドライバーにて動作
電源電圧:DC6V ~ 9V – iFi audio iPower 9V付属
大きさ(突起物、足含まず):11cm(w) x 3cm(h) x 11.2cm(d)
重さ(実測値):254.5g

ご購入その他お気軽にお問い合わせください

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
パソコン
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました