JRiver:カバーアート(アルバムアート)の管理項目を調べてみました

JRiver Media Center(24.0.75)のカバーアート(アルバムアート)管理についてどこにどのような項目があるのか確認したので備忘録として書きました。※JRiverではアルバムアートではなくカバーアートという用語が使われています。

※JRiver Media Center 26でカバーアートに関する仕様変更は無いようです(2020/5/26)

音楽をPCで再生するメリットの一つにカバーアート(アルバムアート)の表示があるので、カバーアートについては重視しています。しかし、カバーアートについては他のツール(CUERipperやfoobar2000等)が便利で慣れていたこともありJRiverでカバーアートの編集をやったことはありませんでした。ただ前々から気掛かりな箇所もあったので少し調べてみた次第です。

オプション設定は「ツール‐オプション」の「ファイルの場所」

カバーアートに関するオプション設定項目は「ツール‐オプション」メニューの「ファイルの場所」 タブの中の「カバーアート」にあります。

設定項目は以下の3つ

  • カバーアートの保存先
  • カバーアートのフォルダーを整理
  • 画像をそのファイルのタグに保存

カバーアートの保存先

画面上に設定項目名は書かれていませんが、オプション画面の「カバーアート」の下(キャプチャー画像では”オーディオモード: 指定したフォルダに”と書かれた部分)でカバーアートの保存先を次の3つから選択します。

  1. 指定したフォルダに
  2. ファイルと同じフォルダに(Folder.jpgとして)
  3. ファイルと同じフォルダに([Artist][Album].jpgとして)
「指定したフォルダに」

1.の「指定したフォルダに」を選択した場合は、その下の「フォルダ: …」をクリックしてフォルダを任意に指定できます。初期値は、C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\J River\Media Center 24\Cover Art\ になっていました。

指定したフォルダーをエクスプローラーで開くと確かに画像ファイルが沢山保存されています。

JRiverでアルバムを選択して「タグを編集」のパネルから「画像」を選択するとジャケット写真が表示され、マウスオーバーするとジャケット写真ファイルの情報が表示されます。

画像サイズが600×600と表示されているので、エクスプローラーでも確認すると確かに600×600でした。

参考までに、音楽ファイルの保存フォルダーにはジャケット写真用にfolder.jpgを置いているのですが、カバーアートの保存先が「指定したフォルダ」の場合はfolder.jpgは無視されるようです。

注)「指定したフォルダ」に保存されている各画像ファイルは(おそらく)JRiverが自動的にインターネットから取得した結果と思われます。

「ファイルと同じフォルダに(Folder.jpgとして)」

カバーアートの保存先を「指定したフォルダに」にすると、JRiverだけが扱うジャケット写真になってしまいますし、何より自動?で取得したジャケット写真の多くは解像度が低いので、カバーアートの保存先は他の2つのオプションにした方が良さそうです。他の2つのオプション(「ファイルと同じフォルダに(Folder.jpgとして)」と「ファイルと同じフォルダに([Artist][Album].jpgとして)」)は、ファイル名の違いだけで動作的には同じでしょうから好みで選択すれば良いでしょう。

「ファイルと同じフォルダに(Folder.jpgとして)」に変更して念のためJRiverを再起動しましたが、先ほど「タグを編集」のパネルで確認した内容と変わりありませんでした。

次に「タグを編集」のジャケット写真をクリックして開くメニューから「カバーアートから削除」を選んでファイルも削除すると、「タグを編集」のパネルからもエクスプローラー(先ほどの「指定したフォルダ」)からも削除されました。

音楽ファイルのフォルダーにはfolder.jpgが存在し、JRiverでもカバーアートとしてfolder.jpgにしているにもかかわらず、カバーアートはすぐには表示されません。暫く(数十分)するとfolder.jpgが認識されカバーアートが表示されました。

このfolder.jpgを確認すると元々あったfolder.jpgではなく、JRiverが新たに上書きした解像度の低いものでした。(嬉しくない仕様です)

次にタグ編集パネルのジャケット写真をクリックして表示されるメニューから「ファイルから追加」でカバーアートとして使いたいファイルを選択すると、元のfolder.jpgが選択したファイルに上書きされ、ようやく目的を達成することができました。

重要

元々、カバーアートとして使いたい画像ファイルが音楽ファイルのフォルダーに存在する場合は、JRiverの設定でカバーアートの保存先をfolder.jpgに設定しただけではだめなので注意が必要です。”folder.jpg”に設定した後、カバーアートの「ファイルから追加」で使いたいファイルを指定して上書きしないと、元ファイルはJRiverが自動で取得したファイルに置き替えられてしまいます。

「ファイルと同じフォルダに([Artist][Album].jpgとして)」

こちらはまだ試していませんが、「ファイルと同じフォルダに(Folder.jpgとして)」と同様かと思われます。

下のリンクはカバーアートについての英文のドキュメントです。(まだ未読)

https://wiki.jriver.com/index.php/Cover_Art

カバーアートのフォルダーを整理

「カバーアートのフォルダーを整理」を選択すると「消去の確認」メッセージが表示されて「はい」をクリックすると画像ファイルが削除されるようです。

追記

「カバーアートのフォルダーを整理」を試してみました。



上のスクリーンショットは、「カバーアートのフォルダーを整理」 を実行する前の「カバーアートの保存先」の中身の一部です。

結果としてこれらのファイルが消されることはありませんでした。バグなのかもしれませんし、よくわかりません。

画像をそのファイルのタグに保存

チェックボックスをオンにすると追加したカバーアートが音楽ファイルに埋め込まれるのかと思われますが、キューシート形式の音楽ファイルでは埋め込まれませんでした。


ざっとこんなところです。「ツール‐カバーアート」はコンテンツに対するカバーアートの直接的な操作で管理方法の設定ではありませんが、やたら項目が多いです。サブメニューが12個も!

まとめ

先に書いたようにミュージックライブラリーのカバーアート(アルバムアート)は他のツールで快適に構築できていて、JRiverでも特に違和感なく動作しているためJRiverを使ったカバーアート構築の操作については特に気にしていませんでした。現状で断定することはできませんが、カバーアートについては他のツールを使った方が良いような感触を持っています。何かあったらアップデートします。

他のツールで構築したカバーアート。JRiverでも特に問題なし!?

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする