JRiver:カバーアート(アルバムアート)の管理項目を調べてみました

JRiver Media Center(24.0.75)のカバーアート(アルバムアート)管理についてどこにどのような項目があるのか確認したので備忘録として書きました。※JRiverではアルバムアートではなくカバーアートという用語が使われています。

音楽をPCで再生するメリットの一つにカバーアート(アルバムアート)の表示があるので、カバーアートについては重視しています。しかし、カバーアートについては他のツール(CUERipperやfoobar2000等)が便利で慣れていたこともありJRiverでカバーアートの編集をやったことはありませんでした。ただ前々から気掛かりな箇所もあったので少し調べてみた次第です。

オプション設定は「ツール‐オプション」の「ファイルの場所」

カバーアートに関するオプション設定項目は「ツール‐オプション」メニューの「ファイルの場所」 タブの中の「カバーアート」にあります。

※他にも、アルバムや曲を選択した状態では「ツール‐カバーアート」メニューが表示されますが、選択していない時はメニューに「カバーアート」は表示されません。(わかり辛いです。グレーアウトにして欲しい。)

設定項目は以下の3つ

  • カバーアートの保存先
  • カバーアートのフォルダーを整理
  • 画像をそのファイルのタグに保存

カバーアートの保存先

画面上に設定項目名は書かれていませんが、オプション画面の「カバーアート」の下(キャプチャー画像では”オーディオモード: 指定したフォルダに”と書かれた部分)でカバーアートの保存先を次の3つから選択します。

  1. 指定したフォルダに
  2. ファイルと同じフォルダに(Folder.jpgとして)
  3. ファイルと同じフォルダに([Artist][Album].jpgとして)

1.の「指定したフォルダに」を選択した場合は、その下の「フォルダ: …」をクリックしてフォルダを任意に指定できます。初期値は、C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\J River\Media Center 24\Cover Art\ になっていました。

2.と3.についてはまだ実際に確かめていませんし挙動の予測がつけ辛いです。以下がカバーアートについての英文のドキュメントです。(まだ未読)

https://wiki.jriver.com/index.php/Cover_Art

カバーアートのフォルダーを整理

「カバーアートのフォルダーを整理」を選択すると「消去の確認」メッセージが表示されて「はい」をクリックすると画像ファイルが削除されるようです。

追記

「カバーアートのフォルダーを整理」を試してみました。



上のスクリーンショットは、「カバーアートのフォルダーを整理」 を実行する前の「カバーアートの保存先」の中身の一部です。

結果としてこれらのファイルが消されることはありませんでした。バグなのかもしれませんし、よくわかりません。

画像をそのファイルのタグに保存

チェックボックスをオンにすると追加したカバーアートがミュージックファイルに埋め込まれるのでしょうか。


ざっとこんなところです。「ツール‐カバーアート」はコンテンツに対するカバーアートの直接的な操作で管理方法の設定ではありませんが、やたら項目が多いです。サブメニューが12個も!

まとめ

先に書いたようにミュージックライブラリーのカバーアート(アルバムアート)は他のツールで快適に構築できていて、JRiverでも特に違和感なく動作しているためJRiverを使ったカバーアート構築の操作については特に気にしていませんでした。現状で断定することはできませんが、カバーアートについては他のツールを使った方が良いような感触を持っています。何かあったらアップデートします。

他のツールで構築したカバーアート。JRiverでも特に問題なし!?

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする