iFi audio | iPurifier AC

iFi audio | iPurifier AC

仕様

ノイズ除去 >40dB(>100x)
サージ保護 最大25,000A@ 8/50uS
動作電圧 85V-265V
サイズ 直径40mm x 長さ100 mm
重量 108g
保証期間 ご購入後1年
標準的な小売価格 16,000円(税別)/17,280円(税込)
バーコード 5081313081851

iPurifier AC メイン画像

ノイズ・グレムリン(電気機器に問題を起こすといわれている小鬼)が活動しています。 パッシブではなく、アクティブに動作します。
ノイズ・グレムリン家庭用電源自体が問題なのではなく、ノイズ・グレムリンが原因なのです。 アクティブに動作周波数帯域の上から下までカバーします。
複数ユニット使用も効果的 RF3のパワー
複数ユニット使用端から端までシールドされた金メッキコネクター RF3のパワーアース、極性、電圧サージ(急上昇)の保護

家庭用電源はオーディオ・システムに燃料を与える「ガソリン」のようなものです。それがクリーンであろうと、汚染されていようと、音楽再生の質や楽しみに大きな影響を与えます。
iPurifier ACは、ノイズの多い家庭用電源をクリーンアップするためのiFiの「電力関係製品」ラインの最新製品です。
並の家庭用電源浄化製品ではありません。先進のテクノロジーを備えたこの製品は、パッシブ型ではなく、アクティブ型なので、他のパッシブ型の機器をはるかに超え、周波数帯域全体にわたってはるかに多くのノイズをキャンセルします。

下の図は、「アクティブな」iPurifier AC(緑色)と一般に販売されている典型的に「パッシブな」家庭用電源フィルター(赤色)を比較したものです。

周波数帯域全体のノイズをキャンセル

ノイズ低減の効果は、昼と夜ほど違います。

  1. ノイズが-40dBで、パッシブ型よりずっと良好です。
  2. 周波数低域全体にわたって効果を発揮しています。パッシブ型の浄化フィルターは、周波数帯域の最高域部分のみに有効です。

あらゆるオーディオシステムに恩恵があります。

iPurifier ACは、家庭用電源から電力を供給される「どのような」オーディオ・システムにも使用できるように設計されています。
延長電源タップを使用している場合も、AC iPurifierはそこに差し込まれた電源を隔絶して最大限のノイズ低減を実現するために使用することができます。

iPurifier ACの特徴

  • アクティブ・ノイズ・キャンセレーション(ANC):軍用テクノロジーで、最先端のノイズ・キャンセレーションが実現します。
  • ワイヤレス・ピュリフィケーション(浄化)・システム:電源ラインのノイズを聴感上あるいは視覚上の「副作用」なしに著しく低減する複雑な回路です。
  • グラウンド/アース接続診断:グラウンド/アースが存在していない場合に、これを検出します。
  • 極性接続診断: 極性が間違っている場合に、これを検出します。
  • オーディオ・アース接続:内蔵のグラウンド・ループ防護回路によってグラウンド/アースを確保します。
  • 過電圧サージ(急上昇)保護:自動復帰システムを備えています。

ANCテクノロジーの恩恵を受けた最新の浄化製品

アクティブ・ノイズ・キャンセレーション

アクティブ・ノイズ・キャンセレーションを自社開発して以来、私たちはこれを、iPowerからmicro iUSB3.0に至るまで、すべての関連製品に利用してきました。
iPurifier ACは、ANCを内蔵した最新の製品です。名前を見ればわかるように、ノイズを「アクティブに」キャンセルします。ノイズをアクティブにキャンセルする電源アクセサリーのひとつ(唯一ではありませんが)になっているのです。

ノイズを「アクティブに」キャンセル

Wireless Purification System

ワイヤレス・ピュリフィケーション(浄化)・システム(WPS)は、電源ラインのノイズを聴感上あるいは視覚上の「副作用」なしに著しく低減する複雑な回路です。これは重要です。というのも、そういったソリューションでは、ノイズを抑制しようとしながら、一方でダイナミックスまで阻害されることがあるからです。iPurifier ACでは、そのようなことは起こりません。

ノイズを「封じ込める」モジュラー・デザイン

現代のオーディオ・システムでは、通常は家庭用電源プラグが多用されます。これによって、望ましくないノイズ問題が増加し、各家庭の電源を汚染するのです。
iPurifier ACは、同じタイプのノイズ源を「封じ込める」ために同時に数個を使用すると、よりいっそうの効果が表れるように設計されています。
オーディオ・システムに電力を供給しているAC電源の家庭用壁コンセントに差し込む、「または」、オーディオ・システムの電源を接続している延長電源タップに差し込みます。この両方を試してみて、どちらの方が音質改善が最大になるかを決定します。

差し込む際の最適な位置

この図は1個、2個、3個、あるいはそれ以上のiPurifier ACを同時に差し込む際の最適な位置を示しています。

インテリジェント・グラウンド接続

インテリジェント・グラウンドグラウンド/アースを追加するAC浄化機器は数多く存在しますが、「インテリジェント・グラウンド」を備えているのはiPurifier ACだけです。オーディオ・システムに可能な限り最高のグラウンド/アースを与えたいと思えば、4mmの(バナナプラグ→Yラグ)付きのグラウンド・ケーブルを別途購入するか、自作していただくことができます。これがグラウンド/アースをアクティブに供給する「唯一の」方法なのです(グラウンドが欠落しているのが検出された場合。グラウンド・ループは発生しません。)

※以下のようなコンセントでは本体に3ピンの端子をもつ電源タップを用いてiPurifier ACを接続し、以下の図のアースのところにiPurifier ACをケーブルで接続します。別売りケーブルについてはこちらでお知らせしています。

接続例
iPurifier用ケーブル

iPurifier用ケーブル

「スマート極性&スマート・アース」検出

接続例2家庭用AC電源に関しては、いちばん一般的な接続エラーが2つあります。
第一のエラーは、極性に関するエラー(アメリカ型プラグとヨーロッパ型プラグの間違ったピン配列)です。写真は日本の電源コンセントです。

インテリジェント・ポラリティー(極性)は、ピン配列が間違っている場合には、LEDを赤色に変えることで、自動的にそれを知らせてくれます。
第二のエラーは、グラウンド/アースの欠落です。
グラウンド/アースの欠落があるのかどうかわからないシステムでも、AC iPurifierをシステムに差し込むだけで、そのどちらであるかが確認できます。

すべてが問題ない場合は緑色のLEDが2個点灯します。

LED

その他詳細についてはFAQの記事をご覧ください。

過電圧サージ(急上昇)の保護

過電圧サージ最後になりますが、重要なことです。稀なことではありますが、過電圧のスパイク(一時的な急激な変化)があった場合(たとえば、家庭用電源のサージや雷の影響)にも、AC iPurifierは電気がシステムを通過するのを自動的に遮断します。これによって、高価な高感度の電源装置が損傷を受けることを防ぐのです。

使用法

使用法

オーディオ・システムに電力を供給している家庭用電源 壁コンセントに iPurifier AC を差し込むか、「または」オー ディオ・システムが接続されている延長電源タップに iPurifier AC を差し込みます。
ヒント:

  • iPurifier AC はシステム内に複数個同時に使用することができます
  • iPurifier AC を数多く使用すればするほど、電源全体がよりクリーン になります
  • 電源タップに使用する場合、iPurifier AC をタップの中央に差し込 むと、iPurifier ACはノイズ・シールドとしても作用し、ノイズが減少し、隔絶され、iPurifier AC のそれぞれ左右の部分に向かって封じ込められます

極性とアースを「スマート診断」

表に示したLEDの色の組み合わせを参照して、必要に応じてシステムを調整してください。

Polarity Earth Status
1 グリーン グリーン 正常に動作しています。
2 レッド グリーン 極性エラーです。

ライブとニュートラルが逆になっています。

3 レッド レッド グラウンド・エラーです。

アースの接続がないか問題があります

(抵抗が高すぎるなど )。

4 オフ オフ 稀な例ですが、過電圧やショートのためにiPurifier ACが自動的にカットアウトされた状態です。

※Earth が適切に接続された状態でのみ、Polarity診断が動作します。

「インテリジェント・アース」接続

iPurifier ACに装備されている4mmのソケットは、グラウンド/アースのないオーディオ・システムに補助グラウンド/アース接続を生成するために使用することができます。

過電圧サージ(急上昇)保護(OSP)

稀なケースですが、電源が過電圧になったりショートしたりすることがあります。過電圧サージ保護(OSP)は、これを自動的に検出してiPurifier ACをカットアウトする回路です。 iPurifier ACがリブート(再起動)するまでには数分かかり ますが、「しかし」もしも過電圧やショートが続く場合は、iPurifier ACは電力を供給「しません」。これによって、接続されたオーディオ・システムが損傷することを防ぐのです。
免責事項:iPurifier ACはオーディオ・システムを電気的損傷から 保護するために最善を尽くしていますが、AMR/iFiの保証の対象にはなりません。なぜなら、こういったケースは異なった様々な状況下で生じるので、正確にすべてを予想することはできないからです。

 

iPurifier AC iPurifier AC (2) iPurifier AC (3)

iFiカテゴリの最新記事