ネットショップのクレジットカード利用を再開! ショッピングガイド

OpenHome対応fidata Music AppでTuneBrowserをリモート操作

I-O DATAのfidata Music Appは、OpenHomeに対応したコントロールアプリです。そこでTuneBrowserのリモートアプリとしてiPad miniにインストールして動かしてみることにしました。

目次

fidata Music Appのインストール

fidata Music Appは、iOS版とAndroid版が提供されています。
※Fire OS版の提供はなさそうです(2021/8/15)

iOS版バージョン 1.4.0

https://apps.apple.com/jp/app/fidata-music-app/id1230930072

Android版バージョン 1.2.1

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.iodata.fidata

ストアからダウンロードして起動すると、ウィザード形式でサーバーとプレーヤーを選択するようになっているため特に設定に悩むことはないでしょう。

fidata Music App
アーティストのアルバム一覧(左)と現在のプレイリスト(右)
赤枠左でサーバー、赤枠右でプレーヤーを選択

fidata Music Appの操作

サーバーをTuneBrowserに指定すると画面右側はTuneBrowserのツリービューと同じ分類方法が一覧されます。

タップして下の階層に移動するのでこちらも直感的に操作できます。

画面中央のセパレータをドラッグすることで左右の表示領域の割合を調整することができます。

右いっぱいにドラッグすれば多くのアルバムを表示できるのは嬉しいですね。

fidata Music App
左側の領域だけを表示した時に画面右端の”〈”の形をしたアイコンをタップするとプレイリストを表示

プレーヤー画面のジャケ写をタップすればジャケ写を全画面表示してくれるのも高ポイントです。

ジャケ写を全画面表示

まとめ

タブレットやスマホを使ったオーディオPCのリモートコントロールを無料で体験できるTuneBrowserとfidata Music App(またはLinn Kazoo)のコンビネーションは、CDやレコードで音楽を楽しんでいる方々に新鮮な音楽体験を提供してくれます。

TuneBrowserとOpenHome対応リモートアプリは、ネットワークオーディオも含めた中で最適解の一つといえます。

目次