WordPressのcustomize_changeset_uuid=を含むURLでサーバーエラー

Google Search Consoleでカバレッジを確認すると、先月8月からサーバーエラー(5xx)がいきなり多発したので、その対策と現状です。

ググっても日本語の情報が少ないので、WordPressでもし同じ状況の方がいらっしゃれば幾らかでも参考になるかと。

グラフのとおり今まで問題なかったサーバーエラー(5xx)がいきなり40件以上も発生しました。サーバーエラーと言われても何のことやらさっぱりわからず、エラー対象のURLを見てみたところすべてのURLに「?customize_changeset_uuid=」が含まれています。

どうやらWordPress記事のプレビュー時にGoogleが見つけてインデックスした結果だそうで、気にしなくてよいとの意見もありましたが今後エラーが増えるのも嫌なので対策はないものか調べてみました。

ありました、ありました!

ワードプレスでブログを書いているといつもよく使う 「Googleサーチコンソール」(通称サチコ) サチコのカバレッジを見た時に、エラーが出ていたことありませんか? 私は何度か経験しているのですが、今回はその中から 「/?

ふうこさん。貴重な情報をありがとうございます!

上記のリンクページの説明を頼りにGoogleアナリティクスで除外するURLクエリパラメータに「customize_changeset_uuid」を追加してみると、数日後にサーバーエラーが3件減りさらにその後10件減り今のところピーク時から13件のエラーを減らすことができています。

同様のエラーはまだ34件残っていますが状況を見守ってみようと思います。


2019/9/12追記

その後、サーバーエラーの件数は順調に減っています。

前回はピーク時から13件減少で34件でしたが、今回は更に27件減少して残り7件です。※残り7件もすべて「?customize_changeset_uuid=」が含まれたURLです。

エラーが減っているのはよいのですが、「検証:失敗しました」メッセージに対してどう対処して良いものやらわかりません。「詳細を表示」をクリックするとエラーの内訳として、保留:4件と失敗しました:3件に分類されてエラーのURLが一覧表示されています。とりあえず前回と同様に「新しい検証を開始」をクリックすると保留:7件で失敗しました:0件に更新されました。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする