銀行の振込手数料をネットで無料に

キャッシュレス後進国と言われる日本では現金利用が根強いのでしょうが、ネットショップが浸透した今日、現金払いのみという訳にもいかずクレジットカード等を使いたくない場合に銀行振込の手段があります。

銀行振込のデメリットは多く場合に振込手数料を負担しなければならない点と、銀行やATMに出向く手間ではないでしょうか。

これらのデメリットもインターネットバンキングを利用することでかなり解消することができます。

同行で振込手数料が無料になる銀行

個人的に利用しているのは、三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行です。

  • 三菱UFJ銀行:インターネットバンキングを使えば三菱UFJ銀行口座への振込手数料が無料
  • ゆうちょ銀行:ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)を使えばゆうちょ銀行口座へ月に5回まで振込手数料が無料

他行で振込手数料が無料になる銀行

個人的に利用しているのは、野村信託銀行と大和ネクスト銀行です。

  • 野村信託銀行:月に10回まで他行宛の振込手数料が無料
  • 大和ネクスト銀行:月に3回まで他行宛の振込手数料が無料

土日祝でもATM出金手数料が無料

銀行振込ではなくATMでの出金手数料ですが、野村證券の口座があると主にセブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMでの出金手数料は土日祝でも無料(9:00~19:00)です。
※前述の野村信託銀行は野村証券の口座を開設することで利用できるようになります。

自分の他行口座から無料で即時振替

これも銀行振込ではありませんが、インターネットを使って自分の持っている他行口座から野村証券の口座に即時振替が無料でできます。対象の銀行はメガバンク、ゆうちょ銀行、一部の地方銀行に限られ、5口座まで予め登録する必要があります。

まとめ

このようにインターネットバンキングを利用することで、銀行に行く手間を省き更に振込手数料も無料になるサービスは大いに活用したいものです。証券会社の口座も投資に関係なく銀行感覚で便利に利用することができます。

オーディナリーサウンドでのショッピングは、”キャッシュレス・ポイント還元”を受けられるクレジットカードや電子マネーの支払いに対応していますが、銀行振込も前述のような方法で簡単便利に利用していただけます。銀行振込の場合はクレジットカード払い・電子マネー払いよりも更にお得な価格設定になっています。

ネット・リアルの決済サービス

決済サービスSquareを利用した見積書を元にクレジットカード払いができますが、これ以外にも見積書を元に銀行振込でのお支払いも可能です。銀行振込を希望される場合は、銀行振込割引の見積書をお届けします。

各金融機関の手数料やサービス等についてはご自分で確認の上でご利用ください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
マネー
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド Official Site
タイトルとURLをコピーしました